なぜ、「14日間集中 子宮筋腫改善講座」の方法を婦人科では教えてくれないのでしょうか?

 

 

続木和子

続木和子さんの「14日間集中 子宮筋腫改善講座」
の方法が本当に有効なものであるならば、
なぜもっと広く一般のお医者さんに知られていて
そうしたお医者さんたちが私たちに教えてくれることがないのでしょうか。

 

 

 

実は、この続木和子さんの
子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症などを
自宅で改善できる方法は、欧米では一般的になっており
広く知られている手法の一つなのですが、
日本の医療界では、完全に「封印」「黙殺」されてしまっている方法なのです。

 

日本における医師免許の制度ですと
婦人科医をはじめとして多くの医師になろうとする医学生が
医師免許を手にするまでに習得するのは、
病気に対する治療法、病理学、薬理学、などです。

 

これは、高血圧や糖尿病といった生活習慣病のお医者さんも同様ですし、
うつ病、パニック障害、自律神経失調症といった
精神疾患の専門医も同じことで、
とにかく受診すれば科学的な療法しか薦めてくれることはありません。

 

 

産婦人科医で、子宮筋腫・子宮内膜症などを診てもらっても、
ホルモン治療を中心とした薬物療法しか提案してくれませんし、
一定期間通院しても症状が改善されない場合は
「摘出手術」という最悪の選択肢を提案してくれるに過ぎません。

 

 

この日本においては生活習慣の改善を中心にすえた
栄養学を用いた予防法をよく理解している婦人科の医師はほとんど
存在していないというのが悲しい現実なのです。

 

 

 

続木和子さんは、こうした現実を憂い
Cell栄養学研究所を2000年1月に代表として静岡県の浜松市に開設しました。

 

信じがたいことですが、日本人女性の7割以上がホルモンバランスを崩していると
言われる現代において、ホルモンバランスの重要性を充分に熟知してもらい
世の女性たちにホルモンの正しい知識で自らの健康を守ってもらいたいとお考えになっています。

 

 

特に日本の栄養学が世界水準に比べて遅れていることから、
続木さんがアメリカで習得した「ホリスティック栄養学」をベースにすえて
食生活の改善と栄養学によってホルモンバランスを改善する方法を提案して
数多くの女性立ちの身体の健全性を守ってきました。

 

 

「14日間集中 子宮筋腫改善講座」は女性が
生まれながらに持っている生命維持のための力を引き出すように考案されています。

 

 

本来の力さえ取り戻すことができれば
人間の体は健康状態の最良の状態を維持しようとしますから
自然と子宮筋腫などの症状は改善していきます。

 

ですから、誰でも、続木和子さんの「14日間集中 子宮筋腫改善講座」で
子宮筋腫・子宮内膜症などを自分だけの力で改善する事は可能なんです。