子宮筋腫の原因と症状

子宮筋腫の原因と症状

 

子宮筋腫の原因

 

子宮筋腫は、30代以上の女性の3割ほどが罹患するほど
子宮に関連する疾患としては、もっとも症例の多いものです。

 

 

それにもかかわらず、子宮筋腫の原因については
特定されていないのが実情です。

 

 

子宮の内膜に腫瘍が出来るのですが、
これは一般的に「良性」のもので、悪性腫瘍が出来る
子宮ガンとは、明確に区別されています。

 

 

比較的、親族に同じ症状を持った方が多いため、
子宮筋腫には、なんらかの遺伝的な原因も含まれていると考えられています。

 

 

「14日間集中!子宮筋腫・改善講座」では、
これらの根本原因をまず突き止め、あなたにあった治療法を特定していきます。

 

 

 

子宮筋腫の症状

 

 

子宮筋腫は、症状についても千差万別で
ひとつの症状に統一してみることは出来ません。

 

 

実は、筋腫が出来ていてもまったく症状が現れず
自覚することなく生活している女性も多いのです。

 

 

最近は超音波検査が一般的になり、かなり小さな腫瘍でも
発見することが可能になりましたので
現在自覚症状のない方も、一度診断を受けてみることをお薦めします。

 

 

子宮筋腫の症状として最も多い症状に
「異常に出血量の多い」「期間が非常に長い」月経があります。

 

 

これらは、筋腫によって子宮の形が変形・圧迫することで
出血量が増えるのが原因です。

 

 

ただ、出血の量については、他人と比較することが難しいものですから
実は「過多」でふるにもかかわらず
自分の異常を察知していないという方も多く見受けられます。

 

やはり、少しでも気になることがあれば
専門家の診断を受けることが賢明でしょう。

 

 

また少し筋腫が大きくなり始めると、
下腹部にしこりを感じる場合もありますし
さらに腫瘍が大きくなると、膀胱を圧迫して
頻尿などの排泄異常を引き起こすこともあります。

 

 

腫瘍が相当に大きくなっても痛みを感じないケースもあり、
「ちょっと太ったかな」と思う程度にお腹が張り出してしまう患者さんもいるということで

 

こうなりますと、どういう治療を施すにしても
身体への負担は大きなものとなってしまいますので、
自覚がなくとも、年一回程度は診断を受けておくのがよさそうです。

 

 

「14日間集中!子宮筋腫・改善講座」では、
これら各種の症状に対して、それぞれの対処法が紹介されており、
自分にあった方法をオーダーメイド感覚で取り入れていくことが出来ます。

 

 

 

トップページへ戻る